プールの替わり見つけた – 山奥小屋暮らし 三章

未分類

プールの替わり見つけた

投稿日:2020年9月5日

我が家にはエアコンなぞないので 夏の間はこのあたりにプールをだして

涼んでいるんですが去年は良かったが今年からここには置けなくなりました

それはなぜかと言うと原付を購入したから

雨ざらしだと良くないので青がガーレージの入り口なのですがその中で保管している その為 出るにも仕舞うにも赤の位置にプールがあると無理なんです

ならプールの場所を移動させればよいじゃないと思うかもしれませんが地面がこのように整っている場所が他に無い

刈り取った草の上だと短い茎が沢山残っていて底に穴が空きそうだしそれを回避するためには合板を二枚ぐらいは敷かねばならないだろう

そんな用途に合板つかうのはもったいないw

あとは周りが草だらけの場所だと虫に食われる恐れが格段に上がる

なのでやはりここがベストなんだけど原付通れないのでギリギリまで黒い筒がみえる温水装置のほうまで寄せていたのだけど poolの底にもネズミにより穴も空いてしまったことだし 何か代用品ないかなーと考えていたら良いものを思い出しました

最初は 一昨年みたいに板とブルシートで作ろうかとおもったのだけど アレの存在を忘れていた

この子!

ボブスレー風呂 略して ボブ子

プールを使っていた最大の目的は熱いからだを水で冷やして涼むこと

で あるならば別に泳げなくても問題ない

むしろ プールよりも場所を取らないし 汲む水の量も減らせそうだ

そんな訳で現在はボブ子に浸かって涼をとっています

このボブ子には内側にどこまで水を入れたら私が入った時 肩まで浸かれるかというラインが引いてあります

去年の冬にこれで 露天風呂を入ったときには合計で110Lのお湯が必要だというのが判明したのですが それは追い焚き用のドラム缶の中に残っている余剰分も含めて

水を川から汲む際はバケツを両手に担いで運んでいるのですがこのバケツ 満タンにして容量8Lなんです

それを4往復したら なんとラインの近くまで汲めたんです

つまり8杯分

量でいえば8Lx8杯で 64Lとなります

まぁこれで入ったら少し体育座り状態でヒザが絵に描いたヤシの実一本だけはいえているような無人島みたいに水面から出ていたのでもう少し欲しいところですが追加で2杯 80Lも入れれば完璧にヒザはもとより肩まで浸かることが可能

追い焚きの必要がなければ 80Lで全身が(肩まで)疲れる湯舟になるなんて

そうとうコスパが良いとおもいませぬか

一般家庭の風呂なんて 大体400Lぐらい必要でもすんね

その1/5のお湯で風呂にはいれるのです

足のばしてのんびりとはくつろげないけど まぁ 普通の家庭の風呂だって

伸ばせないし 基本 体育座りの体勢で入っていると思うからそんな違いはなかろうて むしろ背中がリクライニングみたいに倒れているので寄りかかれて楽なんだぜ

ボブ子の存在により今後は 真夏のプール問題も解決だな

ネズミに穴開けられて来年はどうしようかと考えていたが憂いは無くなった

そういえば 原付の保険の更新が来ていたなぁ

あまり覚えてなかったけどどうやら1年契約であったようだ

そんで新しく更新するのに金額みたら1年だとけっこう割高みたい

手元に資料ないから大体なんだけど

1年契約 7000エン 

弐年 9000円

三年 11000円 

とか そんな具合だった 

なんで今回は 二年契約を申し込んだ

さすがに1年ではもったいないし 3年だと乗っているか自信がない

故障してなければずっと乗りたいとは思っているのだが なかなかメンテも大変だからなぁ

車検が無いのはありがたいがその分 自分でしっかりメンテするか お店に持って行ってみてもらうほかない

今の所は自分で 直しているが あまりエンジン系には詳しくなく 素人でネットで調べながらやっているような状態だからどこまで走れる状態をキープできることやら

一応 節約してるんだけど なんだかんだと出ていくときは出ていくね

山奥生活の最大の障害かもしれん 足の確保は

無いとほとんど生活出来ないからなぁ

自転車という手もあるんだけど これは現実的ではない

よっぽど自転車が好きで毎日乗ってないと死んでしまうよな人でもないと

最低でも片道10kmは走らないとお店ないし 山なので坂だらけだし

そんな状態で 重い買い物荷物つんだまま自転車のみってのはやはり私には無理だ

本来なら 車を放棄して 原付だけでやっていくのが一番コスパ的にも良いのだが故障したときが怖い

このあたりの 田舎の足問題は永遠のテーマになりそうだ

幸いまだ私は若い?ので免許の返納までけっこう時間があるので車さえ維持できるなら今の所そっちの問題はなんとかなるが 将来その辺のことも考えないといけない時期が来るかもしれない

その頃には なんかすごいサービスが産まれていて問題が解決していてくれていると良いのだが・・・

そういえば 偶に食糧品の宅配車みたいのと山道ですれ違う時があるな

我が家の奥にも部落が存在しているのでもしかしたらその人達が何かしらの理由で自分では買い出しにいけないようなものを配達してもらっているのかもしれない

ただ 用事って食料の買い出しだけじゃ無いからなぁ

私でいえば 図書館へ本を借りにいったり 気晴らしにカフェにコーヒーを飲みにいったり そういうことが今の様に気軽には出来なくなってしまう恐れが食料の買い出し宅配のみでは無理なのでカヴァーできるサービスが発展していると良いな

いったいどんなサービスなんだろう?w

タクシーみたいに費用がかからず お手軽な値段でなければならないとなると利益を考えた場合難しいか?

この辺りの事は 御国のお偉いさんが良いもの考えてくれると良いね

そんな政党あったら投票しちゃうゾ!

私も暇なときにでもなんかいいアイデアないか考えてみようかな

つーか常に暇ではアルンダケド


広告1



広告1



-未分類

執筆者:


  1. 匿名 より:

    あなたが頑なに原付の写真載せないのは車種が特定されないようにですか?
    車(フィット)の写真は載せるのに何でかなー?と思ってね

  2. サイゾウ より:

    とくし丸とか言う、移動販売車が、少しづつ全国展開進めていますよ。
    移動の足としては、車、原付(バイク)以外では、電動アシスト自転車ぐらいでしょうか?。
    電動アシスト自転車、どれくらいの距離バッテリーがもつかですが?

  3. 九州男児 より:

    初コメント失礼します。
    数年前からブログ拝見させて頂いています!少しの間ブログが読めなくなった期間がありとても心配してました。また読めるようになって楽しいです!
    自分は家族や収入の面などで狐さんほど思い切った小屋暮らしはなかなか出来ませんが、庭に小屋作ったり家庭菜園したり、バイクでキャンプ行ったり出来る範囲で楽しんでいますが、やっぱり仙人郷みたいな生活に憧れます!
    当方は九州ですが、台風10号が凄いみたいでみんな慌てています。仙人郷も無事に乗り越えてくださいね!
    これからも応援しています!!

    • 仙人郷 より:

      ブロブも通算で4年ぐらい描いてきたので昔ほどの勢いはなくなりました
      今後は週一ぐらいで書ければよいなと思いますがどうなることだろう

  4. 匿名 より:

    とても不思議なのですが、このような環境で水風呂に入って裸の肩とか蚊に刺されないのでしょうか。わたしは蚊が非常に苦手で、とにかく刺されやすく、短時間でもすぐに刺されてしまいます。草が生い茂っている場所は虫が・・・と書かれていますが、虫とは蚊ではない虫ですか?ブヨに噛まれた時には1ヶ月くらいぶり返す痒みに襲われ、思い出すだけでも辛くなる経験でした。自然は好きだし山の暮らしは素敵ですが、虫対策をどうすれば良いのかと思います。

    • 仙人郷 より:

      ここでの虫は蚊です
       自然がある宅地よりは少ないですがやはり多少はいるので対策してます
      それが除草シートの上を利用したりということ
      この小屋だと年間で4~5回刺される程度だろうか?
      蚊取り線香なども利用してますし ボブ子に浸かるときは肩も水の中なので
      今の所刺されたことは無いようなきもしないでもない
      私もブユにはかなり注意してます アレにやられると
      一週間~ひと月ほどかゆいままなので ムヒなどのかゆみ止めも効果ないし・・・
      最悪さされたらステンコップに50度ぐらいのお湯を入れて幹部に当てて
      かゆみ成分を分解させている
      これやると劇的に効果あり
      ネットで調べてみると出てくると思いますが気になったら調べてみてくださいね

  5. 匿名 より:

    昼間は木の上で本読んだり動画見たりしているようですが、夜は何してるんですか?夕飯、風呂以外の時間は

comment

メールアドレスが公開されることはありません。


旧ブログ

暇を持て余しているので神々の遊びごっこをしている低級キツネ 普段何をしているのかは日記を読めばいいじゃない




アクセスカウンター
アクセスカウンター