妖怪ポスト 2 – 山奥小屋暮らし 三章

未分類

妖怪ポスト 2

投稿日:2020年4月13日

この前 妖怪ポストを作ったのだけどなんか物足りないので少し手を加えていくことにする

笹を屋根にのせたのだけど ただ乗せただけなので風でとんでどこかにいってしまった(当然だ)

そういえば ツリーテラスを解体したときにこんなのも取り外したんだよなぁ

関連記事:ポスト1http://third.hakumentei.com/2020/04/11/%e5%a6%96%e6%80%aa%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%83%88/

良い感じに枝が広がっていた その辺に捨てられていた木

面白い形なので拾ってきてツリーテラスの手すりに取り付けていたものなのだが

テラスはあのような状態になってしまったので余計なものはほとんどハズいてしまったのだ

折角なので有効活用してあげたい 意外とポストに似合うんじゃないかね?

ってことで乗っけてみる

おおうw 思いのほか似合うじゃないかw

芸術が爆発しとる

こんどは飛ばないようにビスで固定しといたわい

ラピュタ的な物を感じる

さて そのほかにもこんなの入手してきましたよっと

最初はオーブンで焼く系の粘土を探していたんだけど 焼かないででも良いタイプの物が100円で売っていたのでこちらをチョイス

うちにオーブンないからちょっと焼くのはうまく作れるか自信なかったのでありがたい

乾いたら水にも強いらしいから屋外でも平気そうだ

これで一体 何を作るかって?

大体 予想はつくじゃろう? 妖怪ポストをより際出させるための物を

答えを先に言ってしまうと 目玉のおやじ だ

最初は おやじのフィギュアを探してみたんだけど 見つからなかったので自分で作ることにしたのだ

あいつなら形がシンプルなので素人でもつくれそうだし

へたすると幼稚園児だって作ることができるぐらい簡単だと思うぞ

クオリティーを問わなければ意外とそれっぽく見えるはずだ

まずは目玉をつくっていくか キーホルダー程度の小ささだと目立たないので少し大き目に作る 自作ならサイズはおもうがままだ

一袋つかって目玉をつくる

手にもベタベタつかないしけっこう扱いやすい

問題があるとすれえば サラサラしてるのでくっ付けずらいぐらいか

画像検索して調べたらおやじの目は赤いので 赤の絵具を混ぜて作っておく

袋に入れて混ぜれば手を汚さずに作れる

赤くなった粘土を丸く伸ばして目玉の表面にはっつけた

ここで判明したのだが 一度切り離したものはくっつきずらい

あんまり押し込むと 目だまが変形してしまうのでほどほどに剥がれるようならあとでボンドでつけるほかない

黒目はマジックであとから書けばよかろうて

胴体をつくっていく 一度切り離すとくっつきづらいのが判明したので飴細工のように塊りをこのように斬ってそこから伸ばして形作る作戦にした

おやじ 特有のボテボテお腹つくるのむずかちい

なんか筋肉質になってしまったが後でぎゅーっとちじめたら少しそれっぽくなった アニメとだと肌色だが 面倒だしそれほど違和感ないので白のまま行くことにした 原作の漫画だと白黒だし 違いわからんもんね

なんか若干ミート君のボディーっぽいw 

スプリングマンとモンゴルマンの戦いを思い出してしまった

目を塗ったら かなりそれっぽくなった 完全に乾いたらボンドなりつまようじなりで目と体をくっつけよう

そしてポストの上に乗せてみる これでどこからどうみても妖怪ポストを連想させることが出来るだろう (ゲゲゲの鬼太郎みたことがあるひとが見れば)

せっかくなので全体を

かなり怪しくなったw

しらない おばさんに 「私こういうの好きよ」と言わしめた作品である

我ながらなかなかの力作だとおもうぞい

オリジナル妖怪ポストの完成だ

投函する 勇気があるひとがいるのかはなぞだけど


広告1



広告1



-未分類

執筆者:


  1. てんてん より:

    妖怪ポスト笹バージョンも良かったけど、2はもっといい!目玉のおやじが最高です!これ知らずに偶然見つけちゃったらテンションめっちゃ上がると思う(笑)

  2. まる より:

    雰囲気あるわ~。コレ好き。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。


旧ブログ

暇を持て余しているので神々の遊びごっこをしている低級キツネ 普段何をしているのかは日記を読めばいいじゃない




アクセスカウンター
アクセスカウンター