樹脂粘土で狐っ子作った – 山奥小屋暮らし 三章

未分類

樹脂粘土で狐っ子作った

投稿日:2020年5月6日

みなさんに先に謝っておかねばなりません

ワシ 天才かもしれん!! ( ´_ゝ`)

一城ひとま さんにワシのキャラを描いてもらったのだけど 少し前の日記にもそのことは書いたし なんなら毎回ヘッダーに描かれているので知っているとか思います

そんでも一応 乗せておこう

この前も シャドーアートに挑戦したこれですね

この度 これをもとに とあるフィギュアを樹脂粘土で改造して立体化させることに成功したしました!!

ご覧ください

?!!!!

ひとま先生!! わたしやったりましたよ!!!

かなり忠実に再現されているとおもいませぬか

私のヒザが入ってしまっているのはご愛敬w

しかしなんというかわいさでございましょう

それではこれを作り上げた工程をみていきましょうか

偶然 お店でこんなフィギュアを見つけてしまいました

ぱっとみたかんじ 何のキャラかも不明でしたが 一目でコレ改造したらあの狐っ子作れんじゃね?インスピレーションがビビっと反応しました

しかもビックリするとこに100円で売られていたw

100円ならば たとえ失敗したとしてもそれほど懐は痛みません

お家に帰ってきて早速開封してみる

開けてみると フィギュアの説明と数点のポストカードが入っていました

しかもかなりクオリティの高いカード

下手したらこれ1枚でも100円あるぞ と思ったぐらい

パッケージでは気づかなかったのですが天上天下のキャラだったのか

エアギアの書いていた 大暮維人先生の漫画ですね 全巻読んだことあるのに気が付かなかった・・・


箱を剥いてみる いま来ている和服じゃなくて右の制服っぽいのが転用できそう

取り出してみようか

これよこれ! このホッペのぷっくり感とスラっとした足の感じが似ている

色は違うが髪型も近いし服装も

よしよし とりあえず全部分解してパーツごとにいじっていっきましょうか

まずは頭から アホ毛は邪魔なのでカターで切り取り 黒髪にするためにマッキーで塗っていく 他の色に塗り替えるのは大変だが黒なら楽勝ね

構造は ねんどろいど と似ていて 髪型も前後でわかれた 他のキャラのパーツとも入れ替え可能な造りになっている

次は顔か・・・ ぶっちゃけ顔はそうとう大事

下手すると ここで全てが決まるといっても過言ではない

目が全然ちゃうから左の白のペンキで塗りつぶしてしまうか

窓付きのときは細目にするために全部カッターで削りおとしちゃたけど

アレ大変なので上からぬりつぶしちゃお

おそろしい子! 状態になった まだ乾かないので目は後にしてとりあえず頭組み上げてみる

おほー 黒髪にしたら雰囲気けっこう変わったね

よしよし 次のパーツに移んべか

最初はスカートは水色のままでもいいかとおもっていたのだが 思い切って全て白と黒だけのモノトーンにしてみることにした

ちょっとモノ江さんみたいw

ひとまさんの絵でもそうなのだが 色は目と狐面の赤だけにしたほうが 印象が強く残るので 白黒で統一

洋服もこのままでも良いかと思ったのだがもう少し白衣に近づける為に

目玉のおやじを作ったときに余った樹脂粘土を使って裾を伸ばしてみることにした

おほw

 後ろからみると めっちゃ白衣っぽいな 前ははだけていないので少し違和感があるが あそこは妥協しよう 本当はルータで削って加工することも考えたのだが 止めておくことにした

その粘土を利用して 頭に狐耳を生やす!!!

ケモフレの銀ぎつね どん兵衛踊り好き

ふふふん~ ふふっふ ふふふふふ~♪

ケムリクサも面白かったなぁ やはりたつき監督の作品は好きだな

ケモフレ2は アウトだけど 私のたつき監督を返して!!

この前の 目玉のおやじの目と一緒で 粘土に赤の絵具を練りこんで小さい赤い丸を沢山つくっておく 狐っ子の 赤目用だ 

目はとても重要で繊細な為 微妙にサイズや形のちがうものを複数用意しておいた

さっき取り付けた耳粘土が乾いて硬くなったようなのでマジックで黒くぬっておく

正面は 縁だけにして耳の中は白いままにしてみた

全部 黒くぬってしまうと耳が認識しずらいし この方がカワイイから!!

良し アレ作ろう とても重要なパーツ 狐面だ

これがないと 私の分身であると認められん

 目の粘土の余りをつかって 赤い色をのせていく アラ かわいいw

顔はマジックでササっと書いた お面は適当でもよかんべしw

そんじゃー 目をいれていくか 書くと失敗は許されないがこれならパーツを乗せているだけなので微調整が利く 絵みたいに右によせてみたが ののワさんみたいだw

やめなさいw

FXで有り金 全部とかした人の顔みたいになったじゃまいかw

あびゃ~~~

まぁ こんな所かね ノリ使って固定してしまおう

最後に粘土で尻尾を作って 全てのパーツが完成だ

あとは こいつらを組み上げるだけだ

狐の面も ノリでくっつけてっと・・・

でけたーw

尻尾は さきっぽだけ少し黒くなっている 影であまりみえんがw

後ろ姿はこんな感じ なかなかラブリーだね

明りの角度替えたら なんか悪い顔になっとるなw

強キャラの予感!!

良し これを新しいプロフ絵に使おうかな 明日明るくなったら表で撮影しとくか 夜にそこそこ製作はじめたから 今むりだしw

今回も 既存のフィギュアをベースに改造しただけなので製作時間は2時間程度

そして費用も フィギュアが100円で 粘土も100円の200円で作れたw

やはり ワシ天才かもしれんな!

今月の末あたりには ナナチが届く予定なんだけど コロナの影響で延期しないと良いのだが・・・

 ・

今回は ひとま氏の書いてくれたワシの絵をフィギュアとして作成してみました

追記

やはり 白衣がいまいちしっくりこなかったので手直ししました

予備として ほとんど同じものがあったのでこちらを改造していきます

現状 ボタンの留まったただの服なのでルーターをつかって中央を掘ってしまいます

凡その縁を大雑把にけづってイメージを

スカートに掛かっている分はけづるの大変なのでニッパーで一気にプッチンしておく

このぐらいの角度がいいだろうか?

一度 胴体だけ外して例の樹脂粘土をつかい白衣にみえるように裾を伸ばしていく

こんなものだろう スカートを合体させてかみ合うか確かめておく

良し ダイジョブそうだ

原画は 白Tなのだが 白で中をぬってみたら 白衣との境界が良く分からなくなっていまいちパっとしない 

逆に塗らないでこのままのほうが良いぐらいだったがコレでは裸に白衣で変態さんに見えなくもないので色は塗ることにした

塗るのが簡単なので黒にしておくか モノトーン仕様なので白か黒の二択しかないしな

下半身は 互換性があるので前のやつをつければよいだろう

何方が良いかは個人的趣味になるが ハイソよりルーズのほうが好みだ

うむ! これなら完璧な白衣にみえるだろうw

なんとなくネクタイを付けてもいいようなきがするが 二択なら白ネクタイか?

だが白衣に被るとキビシイ気がする

そうなると黒ネクタイでフチを白にすればいけなくもないきがしてきたがこのままでいい気もしてきたw

元絵にはネクタイないしな オプションとして取り外しの出来る形でつけるならアリか

最後に 頭をのせて お披露目だ

これが改良された真の姿!!

今度こそ 完璧だぜw

コーディネートは こーでねーと!

・・・・・・・・・

( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` ) 審議中

・・・・・・・・

頑張ったので 無罪!!!


広告1



広告1



-未分類

執筆者:


  1. ひとま より:

    あっ、めっちゃ可愛いですね!!
    最初、樹脂粘土でイチから作ったのかと思いましたよ(笑)

    人形ベースでも、これは良いですね。フィギュア作りは楽しそうです😸

    • 仙人郷 より:

      さすがに0からは無理ですね
      ベースの改良だけなら数時間で作れるのでお手軽です
      そのうち原型もやってみたいですね
      造形用プラのグレイスカルピーというのが作りやすいとかなんとか

comment

メールアドレスが公開されることはありません。


旧ブログ

暇を持て余しているので神々の遊びごっこをしている低級キツネ 普段何をしているのかは日記を読めばいいじゃない




アクセスカウンター
アクセスカウンター